家の間取りが南北に長いため、昼でも日差しが入らず、部屋が薄暗いところ。

住宅を購入する際、すでに建築が完了している物件や工事中の物件などを見て回りましたが、決められた予算の範囲内では間取りにそれほどの違いがあるとは思えませんでした。

そのため、今の家を購入する時には、設計図と現地(建築前の段階でした)を見て購入を決定しましたが、日当たりのことまでは考えが及びませんでした。

とりあえず、家の南側には道路があるため、日当たりについてはあまり心配する必要はないと思っていましたが、道路を挟んで少し距離を置いたところに三階建てのマンションが立っていて、冬になるとその建物が日差しを遮ることが分かりました。

また、建物の両脇には別の家がそれぞれ建っているため、部屋の中に日差しが入るのは、太陽が南に来た時だけになってしまい、部屋の中は昼間でも薄暗い状態になってしまいます。

家を購入する前は、予算や立地のことばかり考え、日当たりのことは優先順位が低かったのが、失敗した原因であると思います。

実際に家を購入する時には、予算や立地のこと以外にも、その家で一日過ごすことをきちんと想像しておけば、あとになって「ああすればよかった」「こうすればよかった」という後悔の気持ちが生まれることもなかったのかなと思いました。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒横浜市緑区 注文住宅