大事な飼い猫が腎不全になってしまいました・・・

19歳になる猫が腎不全と診断されました。水をたくさん飲むなぁと思っていたら健康診断で肝臓の数値が高いと言われました。

16歳の時に乳がんになってしまい、手術から奇跡的に完治して元気にしていたのですが、手術後から食の好みが変わってしまい、人間の食べ物をおねだりするようになったのがいけなかったんだと思います。

夜ご飯の時に必ず来るようになって、可愛いので、鰹節、鶏肉、チーズ、クリームなどあげてしまっていました。

獣医さんに肝臓は一度壊れてしまったら元には戻らないので注意してくださいと言われています。

病気が進行しないように、家族全員で食事の時は人間の食べものは与えないようにしたいと思います。

飲み薬は特に与えていませんが、家で定期的に皮下点滴をして、体の水分が抜けないようにしています。

点滴を打った後は元気そうに走ったり動いているので薬の効果はあると思います。

毎回病院で点滴をするのは愛猫が嫌がるので、自分で衝動区をしてから針を刺して点滴をしています。その間目が離せません。

針が抜けたり、出血したり、点滴が漏れたりするので20分くらいはずっと付き添うことになります。

もう一匹猫がいる(まだ8歳で健康)ので、その子も同じようになってしまわないよう食事には気をつけています。

工夫としては、水分をたくさんとれるように液体状のおやつ(チュールや缶詰類)は水を混ぜて与えています。

全部あげずに、小分けにして水で薄めています。

管理人のお世話になってるサイト⇒フィラリア薬 通販